アフリカで起業したい妻の日々の話

アフリカで現地の人のためになるビジネスをしたい、そんな妻の気まぐれな日々の様子を記すブログです。

セネガルからの金の無心は、なんとか諦めてもらったようです

先日、セネガルの知人からクリスマスのチキン販売のため、更なる追加融資を求められた妻。

 

なんやかんやで諦めてもらったようです。妻から「難しい、今の鶏を売ってはどうか」と回答したところ、現地の知人からは「鶏をまだ売ることはできない、残念だけど今回は諦める」という返信がきたそうです。しばらく沈黙はあったようですが。

 

妻としては、「イベントを使って売り上げを増やそうとするのは良い考えだから、またそういったタイミングを計画に入れて事業計画を立てても良いね」と返信して、今回の話は終わったとのことです。

 

ちなみにそれを聞いた私が、「セネガルムスリムだからクリスマスにチキンを売って売れるのかね」とコメントすると、「わかってねーな」という表情をされてしまいました。

 

なんでもムハンマドほどではないものの、キリストもそれなりの存在として扱われており、クリスマスも普通に祝われているとか。知らんかった。

 

 

near.hatenadiary.com